患者に指示をしている医師の画像
0

糖尿病の治療と糖尿病の人の食事療法とは

糖尿病治療の基本方針はインスリンの作用不足を是正し、代謝を正常化することです。
このためには、インスリンの作用不足の原因となる肥満、過剰なカロリーの摂取を控え、ときには薬剤の力を借りても、代謝を極力正常に近づけることが必要になってきます。
その結果、昏睡、血管障害、神経障害などの合併症の発生は減少し、健康な生活を送ることができるわけです。
しかし、いったん糖尿病を患いインスリン分泌能力が損なわれると、その完全な回復は現状では困難なので、治療手段を打ち切るとただちに病的な状態に後退してしまいます。
このように糖尿病の治療は、病気自体の治療を目的としたものではなく、代謝異常の是正を目標としています。
この意味を含めてふつう、糖尿病は「治療」するといわず、「コントロール」するといわれます。

糖尿病治療法は長期にわたり生活全般とも深い関係をもつので、患者自身と家族が治療法の意味と目的を十分に理解して強い意思をもち、疾患をコントロールするように、患者を指導しなければなりません。

糖尿病コントロールの基本的な手段は食事療法であり、その補強手段として運動療法があります。
食事療法でコントロールが不十分であるときの二次的な手段として、薬物療法があります。


食事療法

糖尿病ではインスリン作用が不足しているので、供給されるインスリン量の範囲でやり繰りをする必要があります。
糖尿病を食事療法だけでコントロールしているときは患者の体内で供給されるインスリン量、すなわち内因性インスリン量の範囲に、またインスリン療法で体外からインスリンを注射で補う場合でも、内因性インスリンと注射されたインスリン量を加えた範囲に体内のインスリンの使用量を保つ必要があります。
したがって食事療法の基本方針は、日常の活動を維持するのに必要な熱量と栄養素を過不足なく補給し、過剰な供給を避けることです。
問題は量であり、個々の食品の可否ではありません。
極端にいえば、糖尿病者の食事療法で絶対的に禁忌とされている食品はありません。

成人患者の食事療法は下記のような手順で行われることが多くなっています。

1.摂取カロリーの設定

食事療法を始めるに当たっては、まず患者の一日の摂取カロリーを決めます。
普通はその患者の標準体重を基準値として個々の生活内容をよく聞き取り、その活動度を判断して適当なカロリーを掛けて1日の摂取カロリーとします。
中年以降の患者で、入院し、腎症や肝硬変などによる低たんぱく血症がなく、1日の大半を寝て過ごしているような例では、標準体重kg当たり25~30キロカロリー程度が一応の目安となります。
たとえば身長162cmの患者であればその標準体重は、

(162-100)×0.9=55.8kg

と計算し、これをWHO法の「(身長)2×22(女性は21)」で求めると57.7kgとなります。
いま標準体重を55.8kgとし標準体重当たりの熱量を25キロカロリーとすると

55.8×25=1395キロカロリー

となりますが、熱量を30キロカロリーに設定すると、

55.8×30=1674キロカロリー

となります。

このように同じ患者でも計算に使用する係数が異なれば、設定される摂取カロリーもかなりの幅をもつことがわかります。
どの数値に決定されるかは、患者の症状、性格、生活習慣や食事習慣などを勘案して慎重に決定されます。

この摂取カロリーの設定は通常、医師によってされることが多いですが、設定は重要であり、これが不適切であると最初で食事療法がつまずくので慎重でなければなりません。
事情が許せば、初回からさきほどのような公式によって計数的に摂取カロリーを設定せずに、対象患者の現在の食事内容について詳しく問診し、その内容につき量的に把握することが有用です。
必要があれば摂取カロリーを設定するに先立って現行の食事の内容を1~2日分計量して記録させ、それを検討して摂取カロリー設定の参考にします。
現行の食事量が極端に過大か過少なときは特に注意し、計量と記録の手法に誤りがないことを確かめます。


2.たんぱく質、脂質、糖質量の決定

摂取カロリーが設定されれば、その栄養素の構成が決定されなければなりません。
通常はたんぱく質を総カロリーの20%とし、脂質と糖質を20%と60%に割り振ってみます。
特にたんぱく質や脂質を制限したり増加する必要があれば調整します。
糖質は複合糖質を、また脂質は単価と多価の不飽和脂肪酸を主体とします。

栄養素の配分割合については世界的にもなお試行錯誤の状態ですが、糖尿病に合併する高脂血症を防ぐ視点からは高糖質、低脂質が主流になっています。
腎症による腎不全があればたんぱく質の制限が必要になりますし、慢性膵炎や吸収不全があれば脂肪を制限しなければなりません。

3.食品の選定と食品交換表

摂取カロリーとその構成が決まれば、それに合わせて具体的に食品を選択してその量を決めなければなりません。
これには日本糖尿病学会編「食品交換表」が広く使われています。
交換表では普通使われる食品を表1より表6までの6つの表に分類し、それぞれの食品名とその80キロカロリー相当量を1単位としてその量がgかccで記載してあります。
表1は穀物、いも、そらまめなど、表2は果物でともに糖質を主成分とする食品であり、表3は魚介類、肉、大豆製品、表4は乳製品でいずれもたんぱく質を主成分とします。
表5は脂肪食品、表6は野菜類です。
摂取カロリーに相当する単位の食品を6つの表より選ぶことで、栄養的に偏向のないように努めます。
定量的に食品を扱うことが重要で、個々の食品は必ずその重量か容量を測定しなければなりません。

4.アルコールと人工甘味料

食事療法を開始する際には、アルコール摂取と人工甘味料は禁止します。
いったん療法が軌道に乗り良好なコントロールが得られたら、症状、患者の性格や希望の程度によってある程度の摂取、使用を認めることもあります。
ただし、紅茶、コーヒーなどは甘味料なしで飲用するよう習慣づけることになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です