寒そうにしている冷え性の男性
0

冷え性とは、原因や症状、体温の低い人、高い人の違い

冷え性とは、一般的に冷えやすい体質、血液の循環が悪いことをいいます。

西洋医学には、そもそも冷え性という病名はありません。
西洋医学の見立てでは、冷えは末梢の欠陥が収縮して、皮膚への血液が不足している状態です。
治療法も進んでいるとはいいがたく、血行改善のためのビタミンE剤が処方される程度で、悩んでいる本人ですら体質のせいだからとあきらめてしまいがちです。

一方、東洋医学の視点では、病は体の冷えたところから入り込むとされています。
冷えは不調を知らせるシグナルであり、冷えが体にたまると、病的変化を起こして冷え性になると考えるのです。
東洋医学では、漢方薬などを用いた冷え性の治療を大切にしています。
体を温めるための生活上のノウハウも豊富に培われてきました。


冷えやすい人、冷えにくい人

人間の体の温度は通常、上半身は37度前後と高く、下半身はそれより低く、足元では31度前後とさらに低くなります。
健康な人でも、おしりや大腿部など、脂肪の多い部分は温度が低いのがふつうです。
脂肪はほとんど熱を発生せず、熱を通しにくい性質を持っています。
体の外側からも内側からも温めにくい組織なのです。
一方、筋肉は脂肪よりも熱を発生しやすく、熱を通しやすい性質を持っています。
そのため、筋肉は温まりやすく、筋肉量が多い人は冷えにくいということがいえます。

冷え性、冷えによって起こる症状

体に冷えがたまって血のめぐりが悪くなると、手足の冷えばかりでなく月経痛、不妊症、不正出血など婦人科系の不調の悪化要因になります。
身体の水分がアンバランスに偏在すると、めまいや頭痛、耳鳴り、さらには食欲不振や吐き気など、消化器系の症状が起こります。
気がとどこおったり逆流して、のぼせや不眠、イライラも起こります。

外気温が下がり寒くなると、皮膚にあるセンサーは、この情報をキャッチして脳にある体温調節中枢に伝えます。
これを受けて体温調節中枢は、体内でつくられる熱の量や放出する量を調整します。
また脳は、体から熱が放散する量を少なくするため、交感神経を働かせて血管を縮める指令を出します。
気温が高くなり熱が体内にこもるようになると、副交感神経を働かせて血管を広げ、熱を外へ逃がす指令を出します。

このように、脳に情報を運び、脳からの指令を伝えて臓器や血管を働かせているのが自律神経です。

自律神経は体中に張り巡らされたコードのようなもので、交感神経と副交感神経が連携して体の機能を調節していますが、冷えに長年さらされ続けていると、この連携に乱れが生じ、その結果、広汎に自律神経の不調による症状があらわれるのです。


体の冷え、冷え性の原因とは

体を冷やす原因のひとつは、人間の体温調節機能を狂わせる体の外からの冷えです。
特に冷房は、温度を低く設定しすぎると、外に出たときの温度差が激しくなり、体は急激な体温調整が強いられ、それによって自律神経を狂わせる原因となります。

現代は、冬の冷えよりも、夏の冷えのほうが大きな問題です。
冬はもともと寒いので、血管も縮まり、服をたくさん着て防備します。
ところが夏は汗をかき、毛穴も広がっています。
そこに冷気が直撃すれば、体は熱を奪われ、冷えがどんどん入り込んでいきます。

もうひとつの体の冷えの原因は、食べ物や飲み物など、口から入ってくる冷えです。
飲み物は、年間を通して、井戸水くらいの冷たさである14~15度くらいが体に入ってより最低の温度だとされています。
しかし現代は、水、ビール、ジュース、お茶、牛乳など、みな冷蔵庫で4~5度くらいに冷やして飲みます。
井戸水とくらべて、その差は10度ほどもあります。
この10度の差が、体を内側から冷やしていく原因となるのです。
また、偏った食生活、ダイエット、甘いもの、砂糖の過剰摂取なども冷えの原因となります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です