本棚の画像
1

優秀な弁護士とは、法律家とは何を勉強するのか

法律家は法律の専門家ではあっても、必ずしも事実の泉温かではないのです。
例えば、浮気があったかどうかについての依頼をされても専門家ではありません。

もちろん優秀な実務家は、事実認定についても実際上は専門家といえるような役割を果たしています。
裁判官がそういう仕事をしていますし、また、優秀な弁護士は、事実についての見通しが的確ですから、そういう意味で世の中では事実認定の専門家であると見られることがあるのはたしかです。

「事実についての見通しが的確である」とは、たとえば、ビジネスの取引で、口約束をしたかしなかったかが争いになることがありますが、その商品が急いで製造されて、それが納品されて一ヵ月ほどたって、「こんな取引は知らないから、商品を引き取れ」という請求がなされたというケースがあったとします。
そんな約束をした書面はないために、本当に契約が成立したかどうかは疑問が残ることがあります。

しかし、普段からその商品の取引がなされていた事実関係から、約束があったという事実が認定できるという前提で相手方と交渉して、説得に成功できれば、弁護士の仕事としては合格でしょう。
そういう見通しを立てて交渉して成功したとすれば、それは見通しが的確だったといえるでしょう。

ところが、契約書がなく、相手方が「契約などしていない」と強く主張しているということで、本当に事実関係がどうか自信がもてないと、きちんとした交渉ができないことになります。
いつまでたってもあやふやな判断しかできないようでは、事実についての見通しが上手であるとはいえません。
どういう事件にしても、どういう事実があったかを見抜いて、相手と交渉することが必要です。
そのため、独りよがりでない判断と説得力のある理由を示すことができる弁護士が優秀だといえます。

優秀な弁護士は事実を見抜いてしまう、というわけですね。
ただ、国家資格として、その人たちを「事実の専門家」と認定しているわけでもなければ、事実認定についてのテストがあるわけでもないのです。
あくまでも、それは各人の経験に根差したものですから、経験が異なると話は違ってきます。

現実の世界では、事実に関して科学的に検証できる範囲はまだまだ限られています。
たとえば、DNAなどで親子関係がわかるといったこともありますが、そんなふうに事実について科学的な検証ができる場合は限られています。
多くの場合は、言った言わないの水掛け論のような問題が多いでしょう。
それでは科学的な証拠など出しようがありません。

法律の内容は法律の条文で定められていますが、その意味が何かについては意見の対立があります。
同じ文章でも読む人によって読み方や解釈が異なるためです。
そのため、法律問題が裁判で争われることもあります。
その一事を見ても、いかに意見の対立が激しく、起こりやすく、そして多いかがわかるでしょう。
法律の内容についても、いろいろな考え方があるのです。

法律の本には「法律はこうなっています」と書いてあるかもしれませんが、それは一部にすぎず、むしろ、一つの問題について、いろいろな考え方があるといった問題がたくさんあります。

弁護士などの法律家は法律に正解がないならば、何を勉強するのか?という疑問があるかもしれませんが、「どうしてそれぞれの考え方が違うのか」とか、そのついのどの考え方が一番いいのかをいろいろと検討・議論する方法を勉強するのです。
議論の仕方は、論理的、説得的でなければいけません。
それを勉強する必要があります。

法律の条文の読み方も、いろいろと意見が分かれるというのは困ったこですが、一つの文章の読み方が、人によって違うというのは、ある程度は仕方のないことです。
そして、その読み方の違いが人々に大きな影響を与えます。
それが法律というものの本当の姿だと言えるでしょう。


One thought on “優秀な弁護士とは、法律家とは何を勉強するのか

  1. 衝撃事実拡散

    犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

    最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

    この世の痛み、病気、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを【人工知能】を使って秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です。この犯罪は、クソダニ米国がやってる国家犯罪です

    この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ、政府機関)のNSAです。CIA(スパイ、政府機関)が創価を日本統治に利用してるってのもあって、NSAが創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

    人工知能を活用したレジ不要のコンビニ、米アマゾンの「Amazon Go」このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等を【人工知能】が細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが必用無いわけです

    このシステムからわかる事は、人工知能は、多くの人の行動を1度に管理出来るし、多くの人の一挙手一投足を、見逃さずに監視出来るって事です

    この人工知能の技術を米国が悪用して、人工衛星を使い、地球上の全ての人を、24時間体制で監視盗聴して、悪さをした人や創価に逆らった人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

    こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、人工知能が遠隔から各個人の生活スタイルを24時間体制で見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

    青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

    この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は、米国防総省って事です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、人工知能が重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、人工知能が警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て人工知能が把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、人工知能が被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、人工知能が軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    CHAGE&ASKAのASKA氏が釈放されてすぐに、新潟県糸魚川市で大規模火災発生

    ASKA氏が、集団ストーカーの事を記した700番て本を、2月17日に発売してますけど、この本が発売される1日前の2月16日に、通販会社のASK UL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災発生。創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これらは全て人工知能が工作してやったもんです

    特に創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    https://shinkamigo.wordpress.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です