コラーゲンゼリーの画像
0

コラーゲンのサプリメントの効果はあるのか?

コラーゲンは美容にいいと評判なため、サプリメントで定期購入して摂取している人も多いと思います。
コラーゲンのサプリメントは特に女性に人気の商品です。

確かにコラーゲンはタンパク質の一種で、人体のタンパク質のうち3分の1を占めている重要なものです。
そして肌の弾力を保つのはコラーゲンで、年齢とともに体内で作られなくなるので外から補って美肌を保つ、というのは理にかなっているように思えます。

しかし、実はサプリメントとしてコラーゲンを摂取しても、ほとんど意味がないのです。

まず、タンパク質の3分の1はコラーゲンでできているというのは、人間の体だけでなく、動物も同じですので、肉を食べればそこに含まれるコラーゲンを補給できるので、高価なサプリメントをわざわざ買う必要はないことになります。
もちろん、お肉が嫌いという人もいるでしょうから、そういう人がアミノ酸のサプリメントを摂取するというのはわかりますが。


ただ、コラーゲンを摂取しても、それがそのままお肌のコラーゲンとして補給されるわけではないのです。

コラーゲンはタンパク質ですから、胃液で分解されてアミノ酸になります。
さらに、バラバラになったアミノ酸がコラーゲンを組み立てる材料になるかということになりますが、これも単純な話ではないのです。
一部はタンパク質を作る材料になりますが、コラーゲン由来のアミノ酸のかなりの部分は破棄される、つまり尿として体の外に出ていくだけなのです。

これは、コラーゲンサプリメントの種類、つまり、ゼリータイプや粉末、ドリンク、錠剤など、どれでも同じです。

結局その程度のものなので、肉や魚からタンパク質を摂ったほうが健康的でいいと思います。

また、お肉が嫌いだからサプリメントでアミノ酸を摂取する、というのはいいかもしれませんが、サプリメントは特にゼリータイプのものは糖分が非常に多いため、注意をしましょう。

また、アミノ酸の摂取が不十分な人がコラーゲンサプリメントなどを摂取しても、その効果はすぐにはあらわれることはないでしょう。
コラーゲンサプリメントの売り文句には「次の日にはお肌プルプル」といっているようなものもありますが、お肌は1ヶ月かけてターンオーバーするので、効果が実感できるのは早くても一ヵ月後、となります。
気長に効果を待ちましょう。


また、サプリメントとして摂取するのではなく肌に塗るタイプのコラーゲンもありますが、このタイプのものも肌にコラーゲンを塗ったからといって、それがそのまま肌に浸透することはありません。
一見肌に浸透したように見えても、なんの効果もないどころか免疫で拒絶され意味はないと考えられます。

ですので、まだサプリメントとしてコラーゲンを摂取したほうがマシということです。

ただ、食事と一緒にサプリメント、または食事でお肉を多くしてコラーゲンの摂取を増やそう、という場合に注意してほしいのが、揚げ物などの高脂肪食を摂り過ぎると、善玉ホルモンアディポネクチンが減少し、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を低下させることがわかっているため注意しましょう。
アミノ酸は高脂肪の豚肉や牛肉だけでなく、魚類にも豊富です。
また、糖分のとりすぎもコラーゲンを以上タンパク質に変化させてしまうので普段の食事、間食にも気をつけたいところです。
そしてきれいな肌を保つにはビタミンCも十分に摂取したいところです。

もちろんコラーゲンが不足すると、しわやほうれい線、たるみの原因となってしまうため、結局バランスのいい食事が一番ということですね。
サプリメントはあくまで補助の食品です。
特に若いうちはコラーゲンが十分に生産されるため気にしなくてもいいでしょう。
コラーゲンが不足してくるのは30歳を過ぎてからで、40代後半からはほとんど作られなくなります。
それに伴い皮膚の緩みやシワが気になってくるので、考えるのはそこからでもいいでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です