ワードプレスのロゴ画像
0

ワードプレスの便利なおすすめプラグイン一覧

All in One SEO Pack

一言でいうと、簡単にWordPressのSEO対策が行えるプラグインです。

プラグインをインストールして有効化すると、ダッシュボードの下に「All in One SEO」のメニューが出てくるので、そこで各種機能の利用、設定が行えます。

主に利用したほうがいい機能としては、

・「メタディスクリプション(meta description)」「メタキーワード(meta keywords)」の設定

・Google Analyticsの認証設定

・サイトマップの作成

・noindex、nofollowの設定

などです。

WP Social Bookmarking Light

いわゆるソーシャルボタンである「いいね」や「googleプラスボタン」などを簡単に作ることができます。
ソーシャルボタンはブログやサイト運営に必須ではありませんが、より多くの人に見てもらいたいなら設置しておいたほうがいいでしょう。


Google Adsence

ワードプレスで作ったサイトにグーグルアドセンスを設置したい場合に便利なプラグインです。
グーグルの公式プラグインなので利用も安心でアカウントの紐付けもすぐにできます。

同じくグーグルアドセンスの設置に便利な「Quick Adsence」もありますが、トップページや一覧ページへの広告設定が難しいので、「Google Adsence」と併用して使うといいと思います。

Public Post Preview

非公開状態の記事を外部の人に確認してもらいたいときに便利なプラグインです。
「Public Post Preview」を使えば公開前の記事を外部の人に共有することができます。

Head Cleaner

WEBページを構成するソースの中で、特に容量の大きい CSS と JavaScript を最適化してくれるプラグインです。


EWWW Image Optimizer

画像を自動で圧縮してくれるプラグインです。
これをインストール・設定しておくだけで、画像アップロードと同時に圧縮してくれます。
画像をよくアップロードして容量が心配な人や画像のせいで表示速度が遅くなっていると感じるサイトにおすすめです。

Akismet

サイトに届くスパムコメントを自動で削除してくれるプラグインです。

brBrbr

記事の入力で行った改行を記事自体にも反映させるためのプラグインです。

Breadcrumb NavXT

サイトにパンくずリストを表示してくれるプラグインです。


BackWPup

DBのデータと、Wordpressのファイル・フォルダ、をバックアップしてくれるプラグインです。

TinyMCE Advanced

テーブル作成ができるようになるなど、投稿画面のビジュアルエディタを強化してくれるプラグインです。

Crazy Bone

管理画面のログイン履歴を記録することができるプラグインになります。別のIPアドレスがあった時にダッシュボードに警告してくれます。

WP-Copyright-Protection

インストールして有効化するだけで、サイトのコンテンツがコピーされない設定にしてくれます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です