子供が勉強している画像
0

子供のやる気の出し方と学習効率を上げる方法

何か目的を達成した時、あなたの脳の中ではドーパミンと呼ばれる物質が分泌されています。
ドーパミンは神経伝達物質のひとつで、快感を生み出す脳内物質として知られています。
この分泌量が多ければ多いほど、人間は大きな快感、喜びを感じることが分かっています。

したがって人間の脳はドーパミンが分泌された時、どんな行動をとったか克明に記憶し、ことあるごとにその快感を再現しようとします。
そして、もっと効率的にドーパミンを分泌させるため、つまり快感を得るために、脳内では神経細胞がつなぎかわり、新しいシナプスが生まれます。
そのため、快感を生み出す行動が次第にくせになり、2回、3回と繰り返し続けていくたびに、その行動が上達していく、これが学習のメカニズムです。
特に、試行錯誤を経ることで脳内に強固なシナプスが形成され、やがてひとつの行動に練達していきます。

ドーパミンによる学習のサイクルが回ることで、人間の脳は変わっていきます。
これは年齢には関係なく何歳になっても同じ事が起こります。
このサイクルを回すには、まずは最初のきっかけをつかむことが大切です。
たとえば、あなたがドーパミンを分泌する瞬間はどんな時か、つまり「自分の脳がもっとも喜ぶこと」は何でしょうか。
そう言われても、意外と思いつかないのが普通です。


そこで逆に、
「理数系は苦手」
「暗記が苦手」
など、自分の一番苦手なものを思い浮かべてみてください。

たとえば、数学がとても苦手だとします。
脳科学ではこう考えます。
自分が苦手と思っていることでも、人間の脳のしくみから考えると、実は、ドーパミンによる学習サイクルが回っていないだけかもしれません。

ドーパミンが分泌されないのですから、やっても楽しくない。
楽しくないので、うまくいく方法をポジティブに考えられない。
そのため、どんなにがんばっても結果がついてこないため、苦手意識が芽生えるようになる。
そして、苦手意識が生まれた時に、本当に不得意な分野になってしまう・・・。

得手、不得手を考えるとき、私たちは、もともとの才能の有無のせいにしがちですが、生まれつき数学が得意な脳、苦手な脳というものはないのです。

大切なのは、ドーパミンによる学習サイクルが回るかどうか。
この回路さえ回り始めれば、あとは簡単です。
最初は、小さかった雪玉が、転がるうちにどんどん大きくなる。
それと同じように、特に手を加えることなしに、脳が強化されていくのです。

自分にとってうれしいことを見つけるのが人生の課題だともいえます。
逆に、つまらないと思ってやる学習は、いつまで経っても進みませんし、つまらないことばかりの人生に、成長はありません。


「勉強しなさい!」
そんなふうに親や先生に言われて勉強している子供に、ドーパミンによる回路の強化は期待できません。
いやいや勉強しているだけだからです。
勉強がうまくいかず成績が上がらない子供は、たいていこの学習サイクルが成立していません。

そもそも、脳の働きの本質は自発性です。
脳に何かを強制することは、とても難しいのです。
脳はポジティブな期待やほめられた体験を、とてもよいものとして受け止めます。
だからこそ、教育にはほめることが大切、といわれるのです。
子供を叱ったからといって、勉強をするようになることはまずありません。
叱られた人間の脳はやる気をなくしてしまうのです。

もともと人間のモチベーションというのは、その人の好きなことや、人からほめられた経験、人から認められるといったポジティブなものからしか絶対に生まれません。
いわゆるほめて伸ばすというのは、学習方法として正しいやり方なのです。

もし叱るなら、そのやる気を軌道修正するときだけにしてください。
行動自体を否定する叱り方は、子供のやる気を削いでしまうからです。
これは子供だけでなく、社会人にも同じことがいえるでしょう。

なぜなら、脳が喜びを感じるためには「強制されたものではない」ことが大事だからです。
何をするにしても「自分が選んでいる」という感覚こそが、伸びる学習には欠かせません。
部下や子供の主体性を引き出すためには、どんな小さなことでもいいから自発的にやったことで成功体験を持たせることが大切です。
成功体験なしには脳は変わってくれないのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です