0

隠し子への遺産相続は法律でどうなっているか、認知の影響など

人が死亡して相続が起こった場合、その人に婚外子(隠し子など)がいるケースがあります。
この場合、法律上の配偶者や子どもとの間で遺産相続トラブルが起こることが多いです。

親が亡くなって相続が起こったとき、相続人は自分たち兄弟だけだと思っていたのに、調べてみると父親に他の子どもがいることが明らかになる場合があります。

突然現れた見ず知らずの人に家族の遺産を相続して欲しくないという気持ちが湧き上がるのは当然だと思いますが、そのような他の子供にも相続権が認められてしまうのでしょうか?

それらの前の子どもに相続をさせない方法があるのかも問題です。

隠し子とは、法律上「婚外子」あるいは「非嫡出子」と呼びます。
意味は、婚姻関係のない男女から生まれた子ども、を指しています。
つまり、不倫などとは関係なく、法律上の婚姻関係がなければ、たとえ内縁関係の男女の間に生まれた場合でも、婚外子または非嫡出子として扱われてしまいます。

とはいえ、正規の家族としては、感情的に大問題なのですが、それらが関係なく遺産相続権を手にしてしまうというのは許せないという人も多いと思います。

ただ、隠し子=即相続権発生というわけではなく、認知されていない場合は、その隠し子には相続権はありません。
そのため、すぐに相続の話し合いをするのではなく、まずは死後認知請求を行い、本当に遺産を残した家族と血の繋がりがあるのかどうかを確かめる必要があります。

死後認知請求が認められなければ、家族との血縁関係がないとみなされ相続権もなくなります。
一方で、死後認知請求が認められれば、生まれたときから認知されていたとみなされ、相続権が発生します。

ちなみに、現在夫などに隠し子の話がないからといって安心はできません。
なぜなら隠し子は遺産相続の話が上がってから急に発覚することが多いからです。

相続が発生して、まずしなければならないことは「相続人の確定」です。
そして相続人を確定させるためには、被相続人の死亡から出生までの戸籍謄本などをすべて取得して、一つずつ確認をしなければなりません。

その過程で隠し子が発覚することもありますし、正規の家族が知らなくても隠し子側は親の存在を認識してわかっていてだまっていた場合でも、遺産相続となれば主張しなければもらえないため、急に「○○の子供です」と名乗り出てくるケースがあるからです。

隠し子への相続のケース

Q:旦那に認知した自分(妻)とは別の女性との間に出来た子供がいる場合、旦那が先に亡くなるといその子供に遺産相続権は発生するでしょうか。
家庭の財産はほとんど自分(妻)名義で貯金し、管理しています。

遺言がない場合、旦那が先に亡くなると、遺産は旦那と妻の子供と別の女性との子供で半分ずつとなります。
ただ、妻名義の口座まで遺産相続の対象とされないはずですが、別の女性との子供がその口座のお金は旦那の遺産である、という主張をすれば裁判などで争う事になる可能性があります。


認知されていない子供の場合

認知されていない子供でその親とも婚姻関係がない場合、親にも子供にも相続権がありません。
ただし、遺産を残した親に他の相続者がいない場合、特別縁故者といって被相続人との関係が特別なものであると主張すれば相続人になれる場合があります。
法定相続人がいる場合は特別縁故者による相続は認められません。
または、認知していないながらも被相続人がその親と子供の事を考え、遺言書に遺産を残す旨を書いていれば相続権が発生します。

ただ、遺言書にすべての遺産を法定相続人以外に残すような内容が書かれていた場合、法定相続人には「遺留分」という最低額の遺産相続をする補償があるため、法定相続分の2分の1は請求されて取り返される場合があります。

ちなみにこの遺言による相続権は遺言書が正式なものであると認められれば、子供の存在がなくても認められる場合があります。


認知されている子供へ相続をさせたくない

隠し子への相続のケースのように子供を認知していると必ず相続権が発生します。
どうしても隠し子へ相続をさせたくない場合、生前に被相続人に遺言書でその旨を書いてもらわなければいけません。
それであっても前述した遺留分の権利は残るので、隠し子側が遺留分の請求を行えば遺産は権利の半分とられてしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です