0

アナウンサーになるには、アナウンサーの採用試験とアナウンススクールに通うメリットについて

テレビやラジオで活躍するアナウンサーは、

・ニュース原稿を読む
・現場でリポートや取材をする
・番組を円滑に進行する

…など、言葉で情報を正確に伝えることが仕事です。

アナウンサーの活躍の場の中心は、テレビ局かラジオ局になります。そのため、まずはこれらの企業に就職しなければなりません。

アナウンサーは、その特殊な仕事柄「正社員」として採用している局がほとんどで、試験を受けるためには四年制大学もしくは短期大学卒業見込み以上の学歴が必要です。

ただし、地方局やラジオ局で「短大卒OK」としている場合でも、同じ実力であれば四年制大学のほうが有利になる場合もあるようです。


そして、テレビ局は競争率が高い事からも入社試験があります。
その内容は、
一般職
技術職
アナウンサー職
の三つの部門に分かれて行うことが多いです。

ちなみに倍率は1,000倍とも言われていて、コネ入社などもやはりあると思いますので、実際はもっと厳しいかもしれません。

なぜこんなに倍率が高いのか、というのはアナウンサーになりたい人ならわかるとは思いますが、華やかですし、収入も高く将来性もある仕事です。

また、女性ではやはり芸能人など普通の人が出会えないような高収入な男性との出会いもありますし、男性はすごくモテるでしょう。

そして、アナウンサー職の採用試験はどういう事をするかというと、

1.エントリーシートの提出
キー局の場合は4枚以上の写真の添付を求められます。
アナウンサーはテレビに映るため、見た目も非常に重要視されます。

2.第1次試験
アナウンサーとテレビ番組のプロデューサーなど制作担当者が面接を行います。

3.カメラテスト
実際に番組で使用しているスタジオでカメラ映りや話し方などをチェックします。
本番は緊張するため、かなり練習しておかないといけません。

4.局長面接
各セクションの責任者との面接です。

5.役員面接
会社の責任者との面接です。

上記を見てわかるとおり、面接が非常に多いです。
そのため、「これだけは負けない」といった特技や資格などを持っていると面接者の印象に残り、比較的有利と考えられています。

また、少しでも競争倍率の低いところを、と地方局を受験するのはいいですが、交通費、宿泊費がかかるため、費用的な事も考慮しておかなければいけません。


アナウンススクールに通うメリット

アナウンススクールに通いアナウンサーとしての勉強をするのは仕事を学ぶ以外にもメリットがあります。
まず、見込みがありそうな人はアナウンサーとしていい人材だ、とテレビ局に紹介してくれる可能性があります。

そういう事がなかったとしてもスクールには採用情報が入ってくるため、アナウンサーになれる可能性は高くなるでしょう。

アナウンススクールには下記のような下記のようなものがあります。

東京アナウンス学院:アナウンサー、リポーター、ラジオパーソナリティーなど、話して伝えるスペシャリストを育てるための2年制の専門学校です。

東京アナウンスアカデミー:プロデビューまで一貫したサポートが特徴です。
ラジオパーソナリティ、リポーターを目指す人におすすめです。

他のスクールでもカリキュラムは、基礎となる発声から原稿読みなど実践的なことのほか、テレビの仕事やそれに臨む心構えなどを教えるそうです。
試験に向けたコースでは、通常のカリキュラムのほか、身だしなみなど外見についてのアドバイスも行われるそうなので、試験に通るための面接の練習もできます。

やはりそういった事をスクールに行って学んでいる人たちのほうがそうでない人より面接はうまくなるので、合格率は上がると思われます。

あとは、例外的に、地方出身で状況してアナウンサーを目指している場合、地方なまりを改善しないといけない場合があることも考えておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です