0

隆鼻術(鼻を高くする美容整形)の種類とそれぞれのメリット、デメリット


隆鼻術とは「りゅうびじゅつ」と読み、鼻を高くする、鼻筋を通す目的で行う、いわゆる美容整形手術です。

昔は鼻を高くする、といえば、鼻にシリコンを入れて高くする、というものでしたが、現在は医療技術が進んで、いろんな種類のものが出てきました。

それぞれ、値段やどれくらい高くしたいか、鼻の穴を小さくしたいか、など人によって向き不向きもありますので、下記で解説します。

プロテーゼによる隆鼻術

いわゆるシリコンを鼻に入れて高くする、というものです。
硬いシリコンを入れるので、安定感があり、触っても美容整形だとわかりません。
手術後の鼻の高さもシミュレーションしやすく、満足いく仕上がりになりやすいです。

プロテーゼは一般医療でも用いられている医療材料で、安全性や耐衝撃性が高いのが特徴です。
I型、L字型といった種類があります。


プロテーゼで鼻を高くする事で、顔の皮全体が鼻にひっぱられるので、下向きの鼻や鼻の穴が大きく見える、という症状もある程度改善が見込めます。

半永久的な鼻の高さが手に入る半面、費用が高くなりやすいというのと、形の決まったシリコンを選らんで入れるので、細かい調整は難しくなっています。

また、日本人は鼻が低く、すっと通った鼻というのは少ないため、プロテーゼですっきりとした高い鼻にすると日本人ぽくなくなってしまう可能性もあります。
施術前によく医師に相談しましょう。

慣れると異物を入れているという違和感はなくなると思われますが、人工物に抵抗があるという人は、ご自身の身体の組織を使って手術を行うことも可能です。

麻酔は局所麻酔で行い、メスで鼻に切り込みを入れ、プロテーゼを入れます。
どうしても手術が恐い人には、全身麻酔をしてくれる病院もあるようですが、費用は高くなりそうですね。

ヒアルロン酸

美容整形でも有名になってきたので、知っている人も多いと思いますが、体内に吸収されにくい液体を部分的に注入して鼻を高くする、というものです。

プロテーゼと違い、液体ですので触ると少し違和感はあります。

また、吸収されにくいといっても徐々に吸収されていくため、永久に効果があるというわけではありません。

その分、異物感がなく、手術も簡単で、費用も安くなるというメリットがあります。
また、高さが不十分だと感じたら、追加で注入したりと細かい調整がしやすくなっています。


ちなみに手術は注射器を高くしたい部分に刺し、ヒアルロン酸を注入する方法になりますので、メスや麻酔は使いません。

糸や傷痕もない上、量も微量から行えるため、美容整形したとバレたくない人にもおすすめです。

鼻尖縮小

いわゆるだんご鼻と言われる丸くて大きい鼻に適用される隆鼻術の種類です。
余分な組織を切除して鼻先をすっきりさせる事ができます。
メスは使いますが、鼻の穴から切除する事で傷痕を目立ちにくくできます。

プチスレッド

こちらは溶ける糸で鼻を高くするという美容整形です。
溶けてしまったら意味がないんじゃないかと思われるかもしれませんが、先端部は鼻の下を押し上げるために残り、そこが鼻を高くしてくれます。

ヒアルロン酸ほどではありませんが、糸の種類、数によって細かい高さの調整ができ、プロテーゼよりも自然でささやかな高さを出す事で美容整形だとバレにくいというメリットがあ
ります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です